So-net無料ブログ作成

小沢氏辞任の「残念会」、ビデオで「理想へ頑張る」 岩手の総決起集会(産経新聞)

 菅直人新首相が誕生した4日、「小沢王国」といわれる岩手では、盛岡市で参院選に向けた民主党県連主催の「総決起集会」が行われた。当初は出席の見通しだった小沢一郎氏は欠席したものの、ビデオで心境を語った。

 小沢氏は今回の幹事長辞任について、「ご迷惑をかけて申し訳ない」と謝罪。「いったんは幹事長から身を引いたが、本当の意味で私の理想を実現するため頑張っていく」と思いを語ると、約1500人の民主党支持者が埋め尽くした会場から拍手がわいた。ただ、小沢氏は「理想」の具体的中身は語らなかった。

 ビデオは約2分程度の短いもので、民主党県連によると、4日午後、首相指名の衆院本会議が終わった後に収録したという。小沢氏はさすがに疲れたようすだったが、ビデオを通して参院選と地元の県議補選の候補者への支援を訴えた。

 総決起集会は、菅首相誕生よりも、小沢氏の幹事長辞任を悔やむ“残念会”となった。

 出席した地元関連の国会議員からは、「小沢先生の悔しさを共有し、参院選では岩手から勝っていこう」(平野達男参院議員)、「選挙に勝って小沢先生のご恩に報いたい」(菊池長右ェ門衆院議員)といった発言が相次いだ。

 「小沢王国」健在をアピールしたい県連だが、参加者からは「小沢さんもしばらくのお休みはやむを得ない」「岩手の民主党は言い訳ばかりで反省がない」といった厳しい声も聞かれた。

【関連記事】
小鳩去って古ダヌキ2匹…丸川議員また過激?発言
「政治とカネ」の小林議員にヤジ 「菅さん頑張って」と石川議員
新首相の「脱小沢」に警戒 自民
塩川氏「政治知ってる」 上杉氏「開かれた政治に期待」 菅新首相誕生 
菅氏、小沢流決別「国を立て直す」 声詰まらせる場面も

<囲碁>本因坊第3局控え前夜祭 奈良(毎日新聞)
始発から遅れ阪神5万人影響 保線で信号機に過電流(産経新聞)
<銃刀法違反>改造拳銃11丁所持 警官を追送検 警視庁(毎日新聞)
偽一万円札使用容疑で男逮捕=7都県で153枚発見―警視庁など(時事通信)
混乱のツケ「不安」…政策また変わるの?(読売新聞)

「指導力欠如」「変節大きい」野党、首相批判(読売新聞)

 米軍普天間飛行場移設問題を巡って社民党が連立離脱を決めたことについて、野党からは30日、鳩山首相の対応を批判する意見が相次いだ。

 自民党の谷垣総裁は北海道稚内市で記者団に、「安全保障に対する考え方が根本から違うということがはっきりしてきたので、当然の決定だ。すべて首相の全体の政治判断、政策判断、指導力の欠如を物語っている」と述べた。

 同党の石破政調会長も東京都内で記者団に、社民党の今後の対応に関し、「鳩山政権に協力できるのかできないのか、はっきりしないと、偽装離脱になってしまう」とくぎを刺す一方、「首相は辞めるべきだ。新しい首相を選んで、即座に(衆院)解散・総選挙をするのが筋だ」と話した。

 公明党の山口代表は「普天間問題で社民党の意向に沿うかのような対応を取りながら、最後は社民党を裏切った。首相の変節が大きかった。辞任することが国民への責任の取り方だ」と首相の退陣を求めた。みんなの党の渡辺代表は「社民党が連立離脱後も民主党と選挙協力はするとすれば、この政権の本音は選挙第一主義だ」と語った。

過労死訴訟 企業トップの責任認定 大庄に7800万円賠償命令 京都地裁(産経新聞)
原口総務相 「宝くじ存続へ全力挙げ改革」(毎日新聞)
今期18営業所新設、事業拡大路線に転換―セントケアHD(医療介護CBニュース)
<普天間移設>与党、社民つなぎ留め 参院選にらみ協力優先(毎日新聞)
経営改善は「喫緊の至上命題」―全自病・邉見会長(医療介護CBニュース)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。